2017年11月15日 (水)

さいたま国際マラソン2017 ようやくサブ5達成

昨年の「甲州フルーツマラソン大菩薩コース完走」以来更新されずにいました。

3月の名古屋ウィメンズマラソンでも更新するだけの気力は湧かず・・・
2016年3月の横浜マラソン
2017年3月の名古屋ウィメンズマラソン
いずれも「目標サブ5」と掲げたのにあと5分、6分というところで届かず。
3回目、地元の「さいたま国際マラソン2017」にエントリー
今度こそ!の気持ちはあったものの
「ここで達成できなかったらもう無理かも」の弱気も半分。

しかし。
過去2回の反省だけは、
いやというほど悔しい気持ちで振り返ってきたので
「気持ち」中心の対策だけはたてました。
「前半押さえすぎない」(イーブンペースで走る!)
「トイレは並ばない」(いかに少ない列を選ぶか)
「後半走り切れると信じて不安がらない」(過去2回走りきれた)
「足なんて痛くならない」(それほど脚を使う走りをしていないんだから)
「サプリ飲み過ぎない」(立ち止まる時間もったいない)


終わってみて。
サブ5レベルのおばさんランナーにとっては
「トイレを制すものがフルマラソンを制す」と確信しました。

今回2回の立ち寄りでしたが
1回目は待ち時間0分。
2回目は待ち時間3分程度。
特に2回目の場所は、私が出たあとはには長蛇の列となっていて
3分どころか10分以上待つのではないかと思われる状態になっていました。
待ち時間3分ほどでしたが、一緒に待っていた女性とも
「この先長いですしね。気にしながら走るよりと思って立ち寄りました」
とお互いに慰めあいながら並びました。
ここで10分並んだら、今回もサブ5は達成できなかったと思います。


トイレの話ばかりではなんですので
他にも良かったポイントを振り返ります。

なんといっても「走り切れるから前半押さえすぎない」を信じたイーブンペース。
時速9キロで、4時間走ることができたらサブ5に余裕ができると計算しました。
3時間目の27キロ地点まで、なんとかこのペースを守ることができ
4時間目には少し遅れ目標36キロのところ、35キロあたりとなりました。
それでも残り7キロ。足が止まらないかぎりサブ5達成できるはず!と
気持ちに余裕ができました。
その35キロ付近で「サブ5ペースランナー」に追い越されたのもラッキーでした。
ついていけばグロスでもサブ5達成できる、
ついていけなくてもネットでは充分達成できる。
一生けん命ついて行きたかったけれど
途中給水ポイントでおいていかれました。
でも、ここでペースランナー周辺の集団の中に入れて
引っ張ってもらって力以上の走りができたと思います。


今回42キロをあまり意識せずに
5キロ×8本と思って
5キロごとに達成感を味わいながら走ったのも
気分がリセットされて良かったかと思います。


50歳で挑んだフルマラソン。
実は日ごろの練習タイムは当時のほうがよっぽど速いのです。
年齢が1才あがるごとに
なんとなく身体が重くなり、スピードは遅くなる一方です。
サブ5レベルランナーに必要なのは
スピードではなく走り切れる身体づくりと
走り切れる、という強い気持ちなんだと感じました。
「走り切れないかもしれない」と思わなくなるには
やはり「経験」が必要でした。


ゴールして本当にほっとしました。
悔し涙ではなくて
ホッとしたうれし涙がほんの少しだけにじみました。

私にしては、ここまで投げ出さずによく頑張りました。


そして。
大会の盛り上がりは、横浜・名古屋には遠く及びませんが。

埼玉県庁の星。川内優輝選手。
すれ違いで、本当に間近でその姿を見ることができました。
思っていたよりも数段力強く、大きな身体。
そしてものすごいスピード。
代表引退は惜しいですが、これからも頑張ってほしいです。
さいたま国際マラソンを、横浜に負けないように盛り上げてくださいね。

そして、そして。
給食ポイントでの埼玉銘菓「十万石饅頭」がうまい、うますぎました!
暑かったため水分採りすぎもあり
あまり他のものは食べる気になれませんでした。
ほどよい甘さのこしあん「十万石饅頭」本当に力をありがとう。












2016年10月19日 (水)

甲州フルーツマラソン大菩薩コースをぼーっと振り返る

 2016年10月16日(日)

第7回甲州フルーツマラソン 大菩薩コース(23k)の部に出場しました。
ここまでハーフ3回、フル1回となんだかマラソンにずるずるとはまってきました。

大会に出るとなると「練習」しないと落ち着かない。
当日やっぱり「あ~ぁ。もうちょっとちゃんとすれば良かった」と思うより
「やったーー!」と思って終わりたい。
そんなことの繰り返しで大会に出場してきました。
そして、今年は
「フルマラソン完走できる走力ある人のみ」エントリー可の
大菩薩コースにエントリーしました。

完走としか書いていないから・・・
タイムは書いてないから・・・
エントリーボタンを「ポチっと」してしまいました。


・・・というわけで、当日の様子を。
スタート地点は勝沼小学校前。
メイン会場から少し離れていることもあって
出場する人のみが集まっています。
定員400名。
いわゆる「ガチ」な人ばかりがそろっていて
早くも「どうしてこんなところ来ちゃったかな~」というアウェイ感満載。
こんな人たちと一緒にスタートしていいのかしら?という雰囲気です。
遠慮がちに後ろからスタートします。

スタート直後からもちろん「登り坂」です、
勝沼の町中からフルーツラインへ
もうここの景色は最高ですが
一分たりとも無駄にできない私は
立ち止まって写真撮影もできません。
とにかく「裂石まで!」と必死で走りますが
もう大藤すぎて神金あたりは
「ここに住んでいる人いるんだ・・・」というようなきつい坂。
皆さん、よくこんなところから学校通ってきましたね。
すごいです。

なんとか裂石に到着。
なんと、予測タイムより10分ほど早いじゃないですか。

ここでほんの少しほっとして数メートル歩くものの
「いやいや、ハイキングに来たんじゃない。いつ歩いていいと言った!!」
「歩け歩け大会じゃないんだぞ!これはマラソン大会だぞ~」
と自分で自分を励まして
とにかく「歩かない」の気持ちのみ。
でも、上日川峠までの道はひたすら同じような九十九折の道で
実はどこをどう走っていたのかも覚えていない・・・
走っても走っても前の歩いている男性ランナーを追い越せない
追い越せないどころか、歩いている男性ランナーに追い越される・・・

そんな中、後ろからやや軽快に近づく男女2人。
あ~、お2人は夏の坂道練習の時に追い抜かれた2人では。
「ああ、あの時の!」と向こうも覚えていてくれた。
「今日はご主人は?」と聞いてくれました。
二人は今日も軽快にたったった・・・と私を追い抜いていきました。
この坂を走っている人はもうほとんどいない中
2人はしっかり走っていて
「あんな風に走ってみたい」と今日も二人の背中を見送ったのでした。

このあたりでだいぶ標高もあがり風が少々冷たい。
持参した上着を着こむ。
お腹もすいたので、これまた持参したあんぱんとチョコを食べる。
持ってきて本当に正解でした。
(エイドには食べ物はありません)
だいぶ上がってからの給水所
足に水をかけていたら救護班のお姉さんが
「スプレーありますよ。使いますか?」と。
おぉ、スプレーありがたい!というわけで両足にシューっとしてもらいます。
そして少し元気を取り戻してまたほんの少し走り出す。
すると、救護班の軽自動車が私をにこにこと見つめながら
追い越していくではありませんか。
??巡回しているのかな~??と思ったら、
次の給水所でまるで私を待ち受けていたかのように
「足、大丈夫でしたね!またスプレーしますか??」と
またもシュー。
「ありがとうございます!頑張ります」
とまたとことこ走り出す。
すると・・・またもにこやかにこちらを見ながら
「次に行っていますね!」と私を追い抜きます。
ひゃ~、もうすっかり救護班にロックオンされたようです。
足はとにかく進まないけど
ひどく痛いわけでもないし、倒れそうなこともないのですが
傍からみたら「おや、怪しいぞ」という雰囲気を醸し出していたのでしょうか。
3度目のシューのあと「あと少しですから!頑張ってください」と声をかけていただく。

ありがたい3度のスプレーのおかげかどうか?
足の痛みもなく
最後「残り1キロ」の表示から傾斜もゆるみ
残り1キロ、ここでスピードを上げました。
激坂の途中、もうほとんど歩いているようなペースの走りで
「3時間半どころか、4時間ぎりぎりかも」なんて思いもありましたが
最後の1キロを思い切り走れたことで
無事に3時間29分40秒、目標タイムをきることができました。
最後のカーブでスタッフの方が「もうすぐゴールですよ」と
声をかけてくれたのに「本当にゴールありますか?」と
半信半疑の答えを返してしまう・・・
が、カーブミラーにその先のゴールが映りました。
「あぁ、本当にゴールだ」と思ってさらに走ります。
ゴールの瞬間は
「終わった。走れた」とほんの少し涙目となりました。
横浜フル走り切ったときよりも
ほっとした気持ち、終わった!という気持ちが強かったのでした。
私を追い越して先にゴールしていた男性が
「すごい、すごい!おめでとう」とハイタッチをしてくれました。
本当にありがとう。
皆さん、ほんとにありがとう。
そしてゴールからシャトルバス乗り場へ
山道を15分ほど歩きます。
寒い日や雨でも降ったら
無事に下れる自信がないです・・・
大菩薩湖北駐車場で着がえ、お弁当、ブドウジュース、ワイン
ただ、その先シャトルバスに30分以上揺られることを考えて
ワインは控えました。
シャトルバスは旧大和村内を経由して
これまた長いです。バスに弱い方は要注意です。
・・・・・・・・・・・
終わった時は「もういいや」と思った大菩薩コース。
3日たってぼーっと振り返ると
「楽しかったなぁ~」なんていう気持ちもほんの少しでてきました。
「もうちょっと頑張れたかな~」とか
「もっと坂道練習すれば良かったかな~」とか
不思議な気持ちに包まれながら
こんな気持ちも残しておこうと思ってこちらを開きました。
パンフレットには女子のエントリー64名とありましたが
最終結果は49/54
当日走らない人もいたと思いますが、何人かはリタイアだったのかな?
ゴールした人だけだと、私の後ろにはあと5人しかいなかったわけです。
全体は334/354 
こちらも、あと20名ほどしかいませんでしたね。
まぁ、私の後は残り30分しかないわけですので。
本気で心配した最終ランナーでこそなかったものの
こうして数字を見ると
結構ぎりぎりな感じでした。
Img_20161020_075507_1  メイン会場に戻って完走証

2013年10月 1日 (火)

ようやくの10キロ

                                  

                Dscf0670_convert_20130930091542 

                                  Dscf0660_convert_20131001191325_3
 


2013年 越後湯沢の秋桜マラソン10キロの部

 初めての10キロ 無事完走しました!

 秋桜が沿道にいっぱい!というほどではありませんでしたが
 秋の訪れを感じられる景色です。

 下のレトロなバスは、駅からのシャトルバスの中の一台。
 昭和30年代のものだそうです!
 (私はぎりぎり「懐かしい~」の仲間じゃなかったです)



 
 

2013年9月23日 (月)

2013年7月 5回目の尾瀬(燧裏林道)

Dscf0359_convert_20130923150605

Dscf0401_convert_20130923150720_2

Dscf0491_convert_20130923150831_2


5回目の尾瀬  「尾瀬夜行23:55を利用」
御池から入って燧裏林道と三条の滝へ!
家族に無理をお願いして「土日」と泊の尾瀬行となりました。
あいにくの雨予報。
1日目はなんとか雨も待ってくれて晴れ間も少し。
きっと尾瀬の神様に守られているんだなぁと
感謝しながら歩きました。
三条の滝は素晴らしいの一言!
ものすごい迫力でした。


 

2013年7月 4回目の尾瀬(至仏山)

      

           Ca3j04990001_2

           Ca3j0515_3

4回目の尾瀬 念願の至仏山に登りました。

一人で出かけたので鳩待峠往復としました。

見事な快晴の一日で、終始きれいに尾瀬ヶ原が見渡せました。

素晴らしすぎて涙がでそうなことも何度か。

小至仏山へむかう途中から足元が険しくなってきました。

蛇紋岩という岩だそうです。慎重に歩いた山頂までの1時間半。

多くの人を魅了する尾瀬、幸せいっぱいの一日でした。

途中、笠ヶ岳へ一人で向かう女性とお話しました。

私も次は笠ヶ岳へ行ってみたいな。

 
 

2012年8月 3回目の尾瀬(アヤメ平)

3回目の尾瀬にして初めての「山小屋泊」

山小屋といっても尾瀬は旅館なみに設備が充実しています。
初お泊り登山にはぴったりと友人と夏休みを利用してでかけました。
アヤメ平で素晴らしい景色に息をのみます。
あいにくの曇でも本当に素晴らしい。の一言

富士見小屋でお昼ご飯。
ご主人に声をかけていただきほっと休憩。
雨が降りはじめた中、長沢新道を下りました。
竜宮に着くころには雨もあがって尾瀬ヶ原をゆっくり。


 1日目  鳩待峠~アヤメ平~富士見小屋~長沢新道~見晴(泊)
 2日目  見晴~東電小屋~竜宮~山の鼻~鳩待峠 戸倉で温泉



 
       Cimg2676
 
       Cimg2630
 
 

2012年10月10日 (水)

2012年7月 2回目の尾瀬(尾瀬沼)

Cimg2343

Cimg2357

Cimg2378


Cimg2386


2012年7月。

想いこがれるわりには行動に移せずにいた私ですが
ようやく2回目の尾瀬行きを決めました!
夜行バス利用で今回は「大清水から尾瀬沼へ」
一番心配だったのは、大清水からの往復です。
距離にしてそこだけで往復で12キロ。
一人で歩くのに、危険とかそういうことよりも「もし途中でばてちゃったら」
「もし途中で転んで捻挫でもしたら」とマイナスな心配ばかりでした。

でも。いろいろな方のブログやレコを拝見して決心。

夜行バスは2台出発するほど満席。
それでもほとんどの方が(特に団体さん)鳩待行き。
大清水に下りたのは10名ほどでした。

尾瀬沼。
あれほど心配ばかりしていたのが嘘のように、歩きだすと楽しくて
うきうきした気分で、無事に三平峠も超えました。

東岸方面から大江湿原を過ぎて。
静かで、きれいで。浅湖湿原では幸せすぎてぼーっとしてしまいました。

【コース】
大清水~一之瀬~三平峠~尾瀬沼ビジターセンター~沼尻(往復)~長蔵小屋売店~
三平峠~一之瀬~大清水

本当に来てよかったな~と気持ちにも余裕がもてた一日でした。
体力が心配なのでゆっくりゆっくり過ごしたのも結果的には
脚の痛みも全くなく、気分よく歩ける一因となったかと思います。

念願の尾瀬沼。距離としては全行程20キロを無事歩けました。
本当に幸せな一日でした。



2012年10月 6日 (土)

2010年8月 初めての尾瀬(尾瀬ヶ原)

Pdr_0568

Pdr_0570


Pdr_0573_2


2010年8月 

次男がサマーキャンプで留守な日に合わせ
初めて夜行ツアーバスを利用して尾瀬に行きました

夜行バスツアーにもどきどきしつつも
あっという間にバスは戸倉に到着!(早いっ)

一人で無事に歩けるのかな~と心配も半分のスタートでした
しかし!8月のウィークディということで
バスは満席だったものの、歩き出すと前後にほとんど人もなく
(初めてのところは誰もいなくてもまた寂しい・・・ですが)
静かな尾瀬を満喫しました

【コース】
鳩待峠-山の鼻-牛首分岐-ヨッピ橋-東電小屋-竜宮-山の鼻-鳩待峠


見るものすべてが初めて。
至仏山も尾瀬の湿原も、池等も。もちろん燧ケ岳も。
本当に静かな尾瀬で、歩きながら涙がでそうでした。
日帰りツアーなので、14時には鳩待峠には戻らないと!
帰るのが寂しくて、何度も振り返りました。
また必ず来るね!!

プロフィール~その3~

☆2012年これまでの主な山歩き☆

2012年4月  御岳山~日の出山(奥多摩)

2012年4月  筑波山(白雲橋コース)
2012年5月  三ツ峠山~清八峠~天下茶屋
2012年5月  ユガテ~日和田山~高麗峠  ソロ
2012年7月  高尾山6号路~城山
2012年7月  尾瀬沼(大清水より)  ソロ
2012年8月  北横岳
2012年8月  車山~八島ヶ原湿原
2012年8月  尾瀬1泊  
2012年9月  棒の嶺
2012年9月  伊豆ヶ岳

2012年は、職場のお友達Yちゃんやご主人
そしてうちの夫も一緒に山歩きをこれまでよりたくさん楽しむようになりました!
一人ももちろん大好きですが
一緒に歩く仲間がいるのはまた特別な楽しみがあります。
8月にはYちゃんと初山小屋泊!!
幸せすぎて、現実の日常生活になかなか気持ちが戻りませんでした


Cimg1952   
    2012年4月 御岳山 綾広の滝
 
Cimg2020
2012年5月  三ツ峠山からの見事な富士山!
   

プロフィール~その2~

☆2011年の主な山歩き☆ 

2011年5月 堂平山(ときがわトレッキングコース)
2011年8月 戦場ヶ原(湯滝~赤沼 湯ノ湖)
2011年8月 戦場ヶ原(西ノ湖へ)
2011年8月 霧降高原(丸山)
2011年9月 天覧山~多峯主山  ソロ
2011年10月 日和田山       ソロ

2011年はときがわトレッキングコースに始まって
夏休みは3日間連続で歩きました!
いい気になって歩いたせいか
山歩き後、約2週間ほどふくらはぎに痛みが残りました。
筋肉痛というより、軽い肉離れだったのかもしれないです。
無理はいけないですね。

秋には、飯能方面に通いました。
記録の他、加治丘陵にも2回。
日和田山から飯能まで歩く高麗峠超えも楽しいです。

すっかり、西武線に慣れてきましたよ!



«ひとり歩きを始めた日